夏越(なごし)の茅の輪を設置いたしました

【季節限定】6月末まで茅の輪を設置しています

 大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。
 6月の大祓は夏越(なごし)の祓と呼ばれ、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、神前に立てた茅の輪を3回くぐりながら
「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命延ぶというなり」と唱えます。
この節目となる時期に、心身を清らかにして穏やか日常を過ごしましょう。